一戸建てというのは、マンションと違って、注文住宅で建てれば、外観デザインはもちろん、内装のデザインも自分好みにすることができるのが大きな魅力ですが、デザインにこだわりすぎると、あとで不具合が生じる場合もありますから、気を付けて選択したいところです。


例えば、一戸建てでよく取り入れられるオシャレな造りの一つに造作家具があり、棚を造る人もいるでしょう。



壁際に造ったり、壁から離したところに設けてみたり、階段を上がった所や階段下の部分に設けてみるなど、家の中の色々な箇所に造ることができて面白いものですが、気になる点もあります。それが、普通の棚のように移動ができないということです。



自分が持っている物の量に合わせて造作家具を設けたとしても、処分をして物の量が減れば、変にスペースが空いてしまうことになります。

つまり、生活に変化が生じた場合に、バランスが崩れてしまうわけです。


こういったことも考えた上で空間づくりを行うことが大切なポイントと言えます。
なお、このような考え方は、もちろん一戸建て全体の造りにおいても言えることです。



あまり大きな家を建ててしまうと、子どもが大きくなって自立して家を出た時に、スペースを持て余してしまうことが考えられます。

逆に駐車スペースを狭くすると、車をもう一台購入した時に困ることもあります。
こういったことがないように、将来のことを意識しながら一戸建ての規模を考えることが重要と言えます。